近年株主優待を付ける企業が増加しています。投資家も企業もwin-winの関係であることから人気を博しています。

株主優待を利用している人はどんな人?

株を運用することで生活の足しにしている人は少なからずいます。
投資家によって投資スタイルは異なりデイトレードをしたり長期で運用したりしています。
中には株の値上がりや値下がりなどの変動を気にせず、株主優待を目的に購入することも一つの投資スタイルです。

株主優待とは、株を持っているだけで企業から様々な物がもらえる制度です。
もらえる物は企業によって異なり多種多様です。
一般的なのは商品券ですが、その他にもQUOカードや地域の特産品、その企業の商品などがもらえます。
株価の変動がなければとてもお得なシステムといえるでしょう。

優待制度がある企業の株を購入するメリットは他にもあります。
人気のある株主優待を実施している企業の株は価格が安定していることが多いです。
特に2年以上保有することで優待をもらえるといった株の場合は持続して持つ人が多いため変動が起きにくくなっています。
また、配当がもらえることも魅力です。
購入金額の1パーセントから3パーセントほどですが、銀行の利子よりもはるかに高い金額を受け取ることができる点でお得です。

もちろん、落とし穴もあります。
リスクの一つとしては突然株主優待が廃止になることです。
そうなれば優待がもらえない上に株価も下がってしまいます。
そのほかの要因でも株価は下がってしまうことがあり、そうなれば多額の損失を出すこともあるでしょう。
多額の損失を防ぎたい場合の対策としては初心者のうちは信用取引に手を出さないことです。
信用取引を利用すると少ない金額で多くのもうけを出すことができますが、その反面リスクも大きくなります。

大きく値下がりしたときは損切りをすることも大切です。
下がりすぎると株主優待がなくなることもあります。
下がって価値がない株を持ち続けるよりも、損切りをして残った資金を回収して別の株を購入したほうが得です。

思いのほか値上がりをした場合は欲を出さずに売るようにします。
例えば500円のQUOカードがもらえる株を購入しても、その株が500円以上の値上がりをしたら売ってしまったほうが得です。
もう少し値上がりするかもと欲を出しては売り時を逃してしまいますので、さっさと売るのがコツです。

初心者のうちは慎重になってこまめにチェックするようにしましょう。
株主優待はほったらかしでももらえることが多いです。
しかし、中には気が付いたら優待制度がなくなっていて株価が大きく値下がりしていたということも起こります。
落とし穴にはまらないように、できれば1日1回はチェックするようにするのが理想です。

株主優待マニアには主婦が多い?

株主優待を目当てに購入する投資家の多くは一般の人です。
主婦も少なくありません。
株の多少の値上がりや値下がりは気にしなくてもいいので初心者でも手を出しやすく、忙しい主婦でも簡単に投資家になれるのです。
インターネットの環境さえあれば簡単に証券会社に口座を開いて購入できる点も魅力でしょう。

また、個人投資家の収入は一般的な水準の人がほとんどです。
株によっては最低購入金額が数十万といったものもありますが、5万円以下の株もたくさんあります。
口座を開くのも多くの場合無料です。
証券会社のホームページの機能を使えば簡単に検索ができます。
そのため、年収がどれだけ低くても数万円のちょっとした余裕資金があればだれでも始められるのです。

投資は難しいと考えている人もいるかもしれませんが、信用取引をしなければ投資した以上の多額のお金を失うことはありません。
また、慎重に取引を行い必要なところできちんと損切りをすれば大きな損失を出すこともないでしょう。
毎日パソコンで株価をチェックする余裕があれば主婦など一般の人でも手を出しやすい投資です。
ただし、慎重さを欠いて取引をしたり、必要以上の欲を出したりしていれば落とし穴にはまってしまいますので、注意しましょう。