近年株主優待を付ける企業が増加しています。投資家も企業もwin-winの関係であることから人気を博しています。

株主優待と合わせて重視すべき配当利回り

グラフ

株式投資をはじめたばかりの方にとっては、株主優待の権利を取得することのできる銘柄を選択して投資を行うという方法に、魅力を感じるものなのではないでしょうか。
すなわち、株主優待券を使ってタダで食事をすることができるとか、日常生活に役立つ商品を無料で自宅まで配送してもらうことができるといったことです。
実質的な生活上の使用価値を高めてくれるものとして、株式投資の初心者には非常に魅力的に映るものなのです。
しかし、本当に役に立つ株主優待の銘柄を選ぶということは、それほど簡単なことではありません。

例えば、株主優待の銘柄であるとはいっても、1,000円以上の買物に対して1枚の株主優待券を使えるというような形態のものでは話は別です。
無条件に何枚もの株主優待券を使えるというような形態のものに比べて、あまりお得な感じはしないものです。
また、いくら定評のある株主優待銘柄であるとはいっても、自分の好みに合わない商品を送ってきてくれたり、自分の生活圏にその株主優待券を使うことのできる店舗がほとんどないといった場合には、無用の長物と化してしまうものです。
ですから、自分にとって本当に役に立つ株主優待銘柄を見つけるという作業に、けっこう時間がかかったりするものです。

しかし、このようにして株式投資の中級者レベルにまでなってきますと、やがてあることに気が付きます。
つまり、配当利回りの高い銘柄に投資をして、その配当金でもって自分の好きな商品を購入したり、好みの飲食店を利用するようにすれば、株主優待銘柄に投資をするのと同じ生活ができるのではないかということです。
実際、豪華な優待を実施している株式銘柄の中には、全く配当を出していない無配当の会社というものが、けっこう存在しているということがわかります。
そうすると、このように考えることができるわけです。
すなわち、100万円を投資して年間1万円相当の優待をもらえるということは、100万円を投資して年間1万円相当の配当金をもらえるということと同じなのではないかと考えることができます。
そして、もし100万円を投資して年間2万円相当の配当金をもらえるということなら、優待銘柄に投資をするよりもこちらの高配当銘柄に投資をするほうが、断然お得だということです。
貴方が、株式投資を通じて、もしこのような事実に気がついたとするならば、それはもう中級の株式投資家の仲間入りをしているということが言えるでしょう。

配当利回りを計算できれば銘柄選びも楽になる

それでは、配当金をたくさん貰える銘柄なのかどうかということは、何で調べれば良いのかと言いますと、配当利回りという指標です。
この指標は、会社四季報などの資料を見れば調べることができますし、自分で計算することもできます。
では、配当利回りというものは、どのように計算すれば良いのかと言いますと、わりと簡単に計算することができます。

例えば、100万円を投資して年間1万円相当の配当金をもらえるということならば、1パーセントの配当利回りということになります。
100万円を投資して年間2万円相当の配当金をもらえるということならば、2パーセントの配当利回りということになるわけです。
では、株主優待を実施している銘柄と比べることはできるのでしょうか。

例えば、100万円を投資して年間1万円相当の株主優待をもらえるけれども、無配であるという銘柄の場合には、1パーセントの優待利回りであるとすることができます。
また、100万円を投資して年間1万円相当の株主優待をもらえると同時に、年間1万円相当の配当金も貰えるという場合には、合計の利回りが2パーセントであると計算できるわけです。
そして、このように計算をしてみれば、どの銘柄に投資をするのがお得なのか判るということになります。